CASIO G-SHOCK MRG-1000G HT in the scenery of BONSAI.

時を刻み続けるもの、時計と盆栽。
日本を代表する時計メイカーCASIO、その精度にこだわり抜くハイテクノロジーに、日本古来の伝統技術「鎚起」が施されたハイエンド・モデル「G-SHOCK Hammer Tone」。
「時」に追求を重ねた逸品に、TRADMAN'Sの盆景を造らせて頂きました。

about...
シリーズ20周年を記念するCASIOのハイエンド・モデル"Hammer Tone"。
職人技と機能性、モダンとトラディションが織り交ざった特別モデルは、世界限定300個生産される。時を正確に刻むことに技術の粋を注いだことで、あらゆるタイムゾーンに自動対応するこのモデルは、地球上に圏外は存在しない。
さらにこの時計を格別にしているのが、「鎚起(ついき)」と呼ばれる日本古来の金工技法。薄い金属板の裏面から鎚でたたいて,浮彫状に装飾を打出す技術で、京都の鎚起師「淺野美芳(あさのびほう)」氏によりデザインされた朧銀(おぼろぎん)と銅の合金のベゼルが、CASIOのハイテクノロジーに施されている。

http://casiowatchparts.com/news/g-shock-to-release-limited-edition-mrg-g1000ht/

http://jp.hypebeast.com/2016/4/casio-g-shock-mr-g-limited-edition-hammer-tone

Comments are closed.